MENU

借金を減らしたい

説明

借金の任意整理をしたからといって、必ずしも車が没収されるとは限りません。ローン支払い中の車があり、そのローンを整理する、となった場合は没収されますが、そのカーローンを任意整理の対象から除外すれば支払いを継続して乗り続けられます。一度弁護士か司法書士に相談してみましょう。

詳しく見る

債務の負担を軽減する方法

男女

任意整理とは債務整理の方法の一つで、裁判所に免責を受けず債務者と債権者の交渉によって債務の減額や期限の引き延ばしが行われます。免責を受ける方法と違って債務を減らす効果は高くありません。しかし免責を受けると就けない仕事をしていても失職しませんし、財産を残した状態で債務整理ができるメリットがあります。

詳しく見る

借金が返せなくなったら

婦人

法律による解決方法

最初は小額だった借金が徐々に増え、複数のローン会社を利用してしまい返済が困難となったとき、法律によって解決する手段がいくつかあります。自己破産という単語はよく知られており、借金をなくす代わりに住宅も車も失うというイメージがあるため、法律に頼るのは最後の手段であると考えている方は少なくありません。しかし、法律に基づいた借金の整理方法はそれだけではありません。生活への影響を出来るだけ少なくしながら、借金を軽減する方法があります。その中でもっとも多く行われているのが任意整理です。任意整理は、借金の元本を無くすことはできませんが、適用後の利子を発生しなくすることによって、無理なく借金を返済することを目指すものです。借金を返済する意志があり、現時点で定期収入があるけれど、月々の利子を返済するだけで精一杯、という状況になった方にとって最も適した方法と言えます。新たに利子が発生しなくなるので、これまで利子を返済していたのと同じペースで返済を続ければ、元本が減少していくので確実に返済が行えるのです。このように任意整理による借金の減額効果は自己破産などと比較して小さいですが、その代わりとなるメリットもあります。まず、弁護士や司法書士に依頼するだけで可能なので、裁判所に出向いて手続きをする必要がありません。また、どの債権者(ローン会社)の債務を整理するか選択できるため、自動車のローンを支払っているローン会社には適用しないようにすれば、自動車を没収されることもありません。ただし、いわゆるブラックリストに記載されてしまうので、その後5年間はカードを作ったりローンを組むことができませんが、これは任意整理をするに至った方にとってはむしろ良いことであることが多く、現在借金で悩んでいる方は、一度弁護士や司法書士に相談してみるのが良いでしょう。

借金を清算する場合

女の人

借金が膨らみ払えなくなった場合には弁護士や司法書士等の専門家に依頼する事が大切です。方法としては自己破産や借金の減免である任意整理等がありますが、まずは同じ士業でも借金を専門としてる士業を選ぶ事が大切です。また費用も手付金や成功報酬等、同じ士業でも大きく異なりますので比較が必要です。

詳しく見る

クレジットカード

説明

任意整理は、債権者と弁護士が個別に話し合って、借金の利息の軽減をする手続きです。個別の業者ごとに交渉できるので、公共料金の払いに利用しているカードだけは利用を継続しながら、他のカードの借金のみ任意整理をする、ということも実現できる可能性があります。

詳しく見る

借金問題を解決するには

メンズ

ローンやキャッシングなどの返済が困難になった場合、債権者と交渉して債務の減免等を要請することを任意整理といいます。完全な支払い不能になるよりは良いとして応じる債権者は少なくありませんが、有利な条件を引き出すのは簡単ではないため、通常は弁護士や司法書士等のプロに交渉を依頼します。

詳しく見る

Copyright© 2018 借金返済の負担を軽減【任意で債務整理をしてみよう】 All Rights Reserved.