MENU

借金を減らしたい

説明

車は没収されるのか

消費者金融などに借金があって返済が苦しい方が、任意整理を行えば利息が減免されて楽になれるが、車を持っていたら没収されるのでできない、と考える場合があります。実際に任意整理で車が没収されるケースもあるのですが、これはその整理のやり方次第で回避できる場合があり、必ずしも車を失うわけではありません。実際には弁護士や司法書士に自分の状況を相談して判断してもらう必要がありますが、ここではごく一般的な説明をします。まず任意整理とは、弁護士などに自分の借金と返済状況を証明する書類を渡して、弁護士が債権者と直接交渉して「今後の利息発生を止める」措置のことです。よって元本の返済は最後まで行うため、自己破産などをされるよりは貸し手側もデメリットが小さいので応じてもらえる場合があります。重要なのは、全債権者に一律に適用するのではなく、任意整理の対象とする債権者を選べるという点です。そのため、現在ローン支払いが残っている車に乗っていたとしても、そのローン業者への支払いは任意整理の対象としなければ、カーローンの支払いは同条件で継続することとなり、車を没収されることはありません。逆に、カーローンまで任意整理に含める、と決めて債権者が応じれば、車の所有権はローン会社にあるため、車は没収されてしまいます。ほとんど方にとって車は生活に不可欠で、没収されてしまっては収入を得るための仕事に差し支えるケースが多いため、借金返済を続ける気持ちと収入があるのであれば、任意整理でカーローンを除外する選択をします。ただし、実際にそれが可能となるかどうかは、個別の経済状況によって決まりますので、車がネックで整理に踏み切れないという場合は、弁護士か司法書士に相談だけでもしてみましょう。

Copyright© 2018 借金返済の負担を軽減【任意で債務整理をしてみよう】 All Rights Reserved.